うつが「脳の病気」としたらはらさん(仮名)は何をしてきたのか(約1,000字)

Uncategorized

うつ病って精神疾患かと思ってたんですが、
脳の病気という説が有力だなんて。
医学の知識ないんで誤解を招くかもしれませんが
アルツハイマーとかとある意味同系?

個人的にとてもショックです。
抗うつ剤以外に精神論を除去した
普遍的な治療方法を見つけてみたくなりました。— はらげんご(羽良元吾) (@gengohara) 2020年2月13日

 これはショックで思わずつぶやいたものです。
 これだと弱いのはメンタルでなくフィジカルということになりますよね。
 ちなみにこの記事は医学的に微妙なニュアンスで正確性に欠けるようですが。

 友達少ない自意識過剰のはらさん(仮名)は軽いうつも何度かやって
そのたびに自分がメンタル弱いなあと思ってたんですが
もしかしてそうやって刷り込んでいろんなことができなくなるような
フィジカルな生活を続ける脳にだんだん変化したのではないかと。

 ついでにいうとはらさんは
10代過ぎてというか生まれてこのかた太った経験が一度もなく、
それというのも腸が弱いのにどか食いでよく肚こわす。

 以上の「原因と対策」について、はらさんはこんなふうに捉えてました。

『はらさんの出生図を見ると、太陽と月がコンジャンクションで
もともと葛藤が生まれやすい。
また、第3チャクラ以下のチャクラが弱くグラウンディングができにくい。
 だから、浄化と光の瞑想が不可欠』

 占い好きのはらさんはなんとなくそういうのも仕方ないかなと漠然と思ってました。
 まあ、はらさんがどう思おうとはらさん自身の自由なんですが、
この三次元の世界ではらさんが社会的生活を営み健全な経済活動を継続するには、それだけではどうしようもないことがありまして。

 で、「原因と対策」をこう書き換えてみました

『偏った栄養で脳のある部分が社会生活を営むのにほぼ必要とされる
許容値(←正常値ではない)を外れた働きをしており、
そこにストレスが加わってますます脳の働きがおかしくなった。
 なお、醗酵食品を人よりとっても、なかなか腸が人並みに快調にならないので
特に栄養と休息に注意』

 それでも占いはやめません。
 というか、占いももっと別の角度から検証する必要があるような気がしてきました。

(広告)
後発アフィリエイター でも稼げるチャンス!それが「不労所得アフィリエイト」です。

《購入》「たった1度の紹介でずっと不労所得」アフィリエイト登録権利

コメント

タイトルとURLをコピーしました