まずはグラウンディングできる身体に(約680字)

Uncategorized

 建設会社の寮に住み込みつつ仕事をやらせてもらって一週間経ちました。
 もともと運動が得意ではないと認識していたので、
全身を使って仕事をして報酬をいただくという選択をしては
さすがに個人としての社会貢献としても不充分で
これをわたしが選択してはいけないだろうと勝手に認識してたのですが、
昨今のコロナウィルスの影響で選択肢が減ったことと
生命の危険を感じたこともあって、
結果的に受け入れたというのが正直なところ。

 この一週間毎日がとても肉体的にハードでした。
 他の方にとってはごく普通のなんでもない仕事ですが、
毎日もっときびきび動けと声をかけ続けられながら
身体をへとへとにして寮に戻り、
そこで提供される入浴と食事に細胞レベルで感動し、
生命体レベルでの生き残りのために働く脳幹がいくばくか恐怖から開放されました。

 で、背中と腰の筋肉(広背筋・脊柱起立筋・僧帽筋)、
両腕の後ろの筋肉(上腕三頭筋)が筋肉痛になりつつ
 身体の後ろ側が少し強化されたことで、
僧帽筋の後ろあたりに取り憑いていたように感じる
何かよろしくないものを振り落としているような感覚も生まれ、
今までどんな方のお話を聞き、実践しても効果を感じられなかった
グラウンディングというものが、
もしかしたら身体がかなり弱ってて、
ヒーリングの効果がなかったのも、
そのエネルギーを受容する能力すら失っていたのではと
出来てきたのは新鮮な驚きでした。
 絶対に拒否していた仕事というか生き方を選択せざるを得なかったことが
今は結果的によかったなと感じつつ、
この後また停滞しないように気をつけなきゃと思ってます。

 精神的、あるいはスピリチュアリズムを追求するにも
最低限の身体の構築維持は必要なのだと実感してます。
 これまでヨガでどうにかなるのではと制限をかけてましたが、
そのレベルではもう回復しないと思い、苦笑してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました